2019年度卒業研究発表会☆彡

| 投稿者: 理学療法学科ブログスタッフ

こんにちは。土屋です。

昨日、2019年度の卒業研究発表会が行われました。

卒業研究は、現4年生が昨年度(3年生の夏頃)から、

各自の興味のある領域で、研究テーマを立てることから始まります。

そして、研究計画を練り、実験や調査を行い、

結果を卒業論文にまとめるまでを、1年間ほどかけて進めてきました。

卒業研究は、大学の学びの集大成でもあります。

 

本学の卒業研究発表会は2部構成で、

前半が口述発表、後半がポスター発表となっています。

まずは口述発表の様子がこちら('ω')ノ

 



どの発表も、質疑が活発に行われていました。

 

そして、ポスター発表の様子がこちらです('ω')ノ



口述では確認できなかった素朴な疑問などを、

3年生も積極的に質問していました。



教員とディスカッションする様子もあちらこちらでみられました。

実験がうまくいかず、データを取り直したり、

遅くまで残って解析や、発表をまとめたりと、

大変なことも多かったかと思いますが、

今日は皆、晴れ晴れとした様子で、自身の研究内容を説明していました。

 

理学療法士になってからも、

是非、研究活動にも興味を持ちながら、働くことができるとよいなと思います。

4年生の皆さん、お疲れさまでした!!

●かまた祭 開幕●

| 投稿者: KUTSUNA

かまた祭、開幕です!

Img_20191102_101247

 

Img_20191102_101103

 

Img_20191102_101326

 

Img_20191102_101504

 

Img_20191102_112026

かまた祭 始まります!

| 投稿者: KUTSUNA

おはようございます。
KUTSUNAです。


いよいよ、1時間後、かまた祭が始まります。
是非、蒲田へお越しください☆彡


Img_20191102_091310
↑ 参加者プレゼント用のポケットティッシュ


Img_20191102_082812

 

Img_20191102_082822

 

Img_20191102_082933

KUTSUNA 富山へ行きます!

| 投稿者: KUTSUNA

連続の投稿にて失礼いたします。
KUTSUNAです。

来週の11月10日に富山で開催される「第35回東海北陸理学療法学術大会」にて、
教育セミナーをご依頼いただきました。

テーマはKUTSUNAの専門分野である、腎臓リハビリテーションについてです。

Photo_20191101161001

本学科の3年次での講義では、KUTSUNAが代謝疾患に対する理学療法や腎臓リハビリテーションのコマを担当しています!
世界最前線のトピックスについて、分かりやすく(?)、熱く(!)解説しています(^^)

“教育”に力を入れている私たち理学療法学科!
本学科では、それぞれの専門性を持った講師陣による講義や実習に力を入れています!

是非、かまた祭へお越しいただき、本学の魅力を味わってみてください☆彡

☆かまた祭前日☆彡

| 投稿者: KUTSUNA

みなさま、こんにちは。
KUTSUNAです。

いよいよ明日・明後日は、一年のうちで最も蒲田が盛り上がる日!
「かまた祭」が開催されます。

↓ かまた祭のホームページはこちら ↓
https://kamatasai.info/

理学療法学科でも楽しい企画を準備して、みなさまをお待ちしております。
Img_20191101_141757
↑ よく見ると「PTPT」となっています(^^)


大学のキャラクターである「こうかとん」と仲の良い学生に聞いたところ、
明日、こうかとんが大学へ遊びにくるとのことでした。
こうかとんと一緒に写真を撮れるチャンスです!!!

Img_20180610_134355
↑ 昨年のオープンキャンパスに来たこうかとん


本日は、明日の準備をしています。
私自慢の元気な学生たちがみなさまをお待ちしております。
明日・明後日は、是非、蒲田へお立ちよりください☆彡


Img_20191101_141850

彡卒業研究の季節彡

| 投稿者: KUTSUNA

みなさま、こんばんは。
KUTSUNAです。

久しぶりの更新となります。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


今年も卒業研究の季節がやってきました。

4年生の卒業研究発表会と卒業論文提出が2週間後に迫っており、
みんな遅くまで準備を頑張っています!

そして、3年生は来年の卒業研究実施へ向けて、早速動き始めました。
KUTSUNAゼミでも、これまで
1)みんなで研究テーマを考え、
2)仮説を立てて、
3)その仮説を証明するためには、どのような手法で実験をするのがよいのか
といったことを話し合ってきました。

いよいよ昨日からデータ測定を開始しています。
Img_20191023_133357

どのような結果になるのか、今から楽しみです。

頑張れ、3年生☆彡

太箸先生が日本健康行動科学学会で大会長優秀発表賞を受賞しました!

| 投稿者: 理学療法学科ブログスタッフ

こんにちは☆(*'▽') 土屋です。

9月9日から後期が始まり、あっという間に三週間が経ちました。

学生も夏休みモードから、すっかり平常運転に戻ったようです。

 

さて、今回は教員の研究活動に関するご紹介です。

教員は、学生教育のほかに、それぞれの分野、テーマについて、

研究活動に勤しんでおります。

 

この度、本学科の太箸先生が日本健康行動科学会第18回学術大会にて、

「大会長優秀発表賞」を受賞されました!!\(^o^)/

 

Photo_20190923162002 Photo_20190923162001

 

今回発表したテーマは、

「セラピストの増加は通所リハビリテーション提供体制の地域格差を解消するか」です。

太箸先生、受賞おめでとうございました!!

 

今後も時々、教員の研究活動についてブログ内で、ご報告させていければと思います。

 

学長賞・学部長賞授与式を行いました

| 投稿者: 理学療法学科ブログスタッフ

こんにちは。土屋です(*'▽')

暑くなりましたね。ついに梅雨明けでしょうか。

 

さて、先日理学療法学科では昨年度の成績優秀者におくられる、

学長賞・学部長賞の授与式が行われました。

 

20190717_130515

 

まずは、中山学科長からお言葉を頂きました。

そして、ひとりひとりに賞状が渡されました。

 

20190717_13062420190717_131243

 

20190717_13121520190717_131135

 

最後に全員で記念に集合写真をとりました。

各学年 およそ80名の中から選ばれた、精鋭たちです。

20190717_131512

 

皆さんおめでとうございました!!

これからも、勉強に実習に頑張ってくださいね。

 

◎3年生が卒業研究の計画を立てています◎

| 投稿者: KUTSUNA

こんにちは。KUTSUNAです。

いよいよ梅雨!といった天候になっていますね。

現在、蒲田キャンパス周辺は強風が吹いており、
もうしばらくしたら雨が降ってきそうです.....


本日は、3年生の「理学療法研究」の科目についてご紹介いたします。

理学療法研究の基礎となる科学的思考、論文執筆の意義や研究倫理を学修・理解するために、
本学では3年生のうちから研究法を学びます。

そして、4年生の「卒業研究」に備えます。


本日、3年生は、忙しい毎日の講義の空き時間に、研究計画を立てていました。

KUTSUNA SEMINARの卒業研究でのモットウは、
「やりたい(興味ある)内容で、社会の役に立つような研究」を「本気」でやること!

卒業後(就職後)、臨床現場でも通用する科学的思考レベルを目標に、日々の指導を心掛けています。

Img_20190627_122633
↑ゼミ生みんなで、研究計画に必要な要素を、一つひとつディスカッションして決めています。


対象や研究機器の制約のため、どうしても研究の新規性は乏しくなってしまうのが現状ですが、
そんな中でも科学的な視点で物事を考えることができる、そんな学びにして欲しいと思います!

3年生の授業風景☆彡日常生活活動論実習

| 投稿者: 理学療法学科ブログスタッフ

こんにちは。土屋です。

今日は、3年生の授業のひとつ、日常生活活動論実習の授業風景をご紹介いたします。

今日のテーマは人工股関節全置換術後のADL(日常生活動作)です。

 

人工股関節術後は、脚の運動方向によって脱臼を起こす危険性があります。

今日は、脱臼を予防しながら日常生活動作を早期に獲得するには、

どのような指導、介助が必要かについて学修しました。

まずは、授業冒頭の30分間で基本的な知識や注意事項を確認し、グループワークを行います。

 

グループワークでは、まず患者さん像を学生が自分たちで設定します。

さすが3年生。多くの専門知識も身に付いていて、

術式、筋力や関節可動域などの身体機能から、

家族背景、家屋状況に至るまで、必要なことを詳細に設定していました。

 

 

 

そして設定した患者さんに対して、どのように入院中や退院後の日常生活動作を指導、

介助すべきかをディスカッション、発表しました。

下の写真では、ベッドから車椅子移乗の際に気を付けるべき点と動作の方法を、

実際にデモンストレーションしながら発表しています。

 

  

 

臨床では、様々な症状や背景を持つ患者さんを担当することとなります。

その際に、基本的知識をもとに自身で考え、患者さん一人一人に合った方法を見つける、

指導するといったことを少しでも身に付けられるとよいなと思います。

 

どのグループもとても盛り上がっていましたよ(*'▽')!!

 

«本日のオープンキャンパスが終了しました☆彡